KneeMotion


概要

KneeMotionは人工膝関節置換術に対する術前と術後の膝関節フルオロスコープ画像を用いて、膝人工関節および下肢の動的な位置変化と運動3次元的に解析を行うことができます。

複雑な膝関節および膝人工関節の相対運動をフルオロ画像と共に3次元画像で定量的かつ視覚的に解析できます。

特徴

  • 手術前の下肢骨、手術後の人工膝関節および下肢骨の運動を3次元的に可視化できます。
  • ECP(最近接点)、大腿骨のX-軸、TEA(Transepicondylar Axis)、WBA(荷重線)、ヘリカル軸、等の3次元動的解析とグラフ表示ができます。
  • フルオロ画像と人工膝関節の3次元データの自動位置合わせを行う為の強力な機能が用意されています。
  • 各座標系において、断面を指定することで、XY、XZ、YZの各平面での2次元画像を表示できます。
  • ワールド、大腿骨、脛骨、大腿骨コンポーネント、脛骨コンポーネント、インサートの各座標系を自由に切り替えて2次元断面画像を表示できます。
  • 一般医療施設に既にお手持ちのフルオロスコープやCT装置と、廉価なパソコンのみで解析処理することができます。

  • 人工膝関節アラインメント解析システムKneeCASと連動して使用できます。
  • 下肢骨の形状モデルを使わずに、コンポーネントだけを用いた解析もできます。
  • UKAやモバイルタイプの人工膝関節の解析に対応する為のカスタマイズも可能です。

メディア

カタログ

よくある質問

推奨動作環境について

OS Windows 10 1809 以上
* Windows XP, 7 はサポートしておりません
CPU Intel Core i5-4670, i7-4770 同等以上
(CPU クロック定格 3GHz、クアッドコア以上推奨)
RAM 16GB 以上
ストレージ プログラムインストール 10GB 以上、プロジェクトデータ保存 1TB 以上
USBポート 1ポート
グラフィック解像度 1920×1080以上
ビデオカード NVIDIA Quadro P3200 または NVIDIA Geforce GTX 1060 同等以上
(3GB 以上のビデオメモリ推奨)
  • USB ポートはZedView を起動させる為のセキュリティドングルに使用します。
  • ZedView は製品ライセンスキーを提供するために SafeNet/Gemalto 社の Sentinel HASP を使用します。Sentinel HASP ドライバは、ご使用のコンピュータ上の通信ポート1947 を使用しています。Sentinel HASP とファイアウォール以外のアプリケーションがこのポートをブロックしないようにしてください。

運動解析サービス

フルオロスコープ画像による運動解析サービスも行っております。詳細につきましては、弊社までお問い合わせください。

導入費用について

弊社までお問い合わせください。