ZedPlanning


概要

ZedPlanning サービスは、1症例ごとのデジタルテンプレート(3次元術前計画)サービスです。
インターネット経由で弊社にデータを送信後、指定された機種のインプラントを受け取りお手元のパソコンで確認できます。


  • 初期費用、更新費用は不要です。
  • 1患者、1症例から利用できます。
  • 術前計画案の作成までを弊社が用意します(参照点設定、3Dモデル作成、インプラント設置 etc)。
  • データをお受け取り後、自由にインプラントの設置位置やサイズの編集ができます。

データの匿名化とセキュリティ

CT送信時、DICOMヘッダー情報に含まれる患者ID・氏名等の個人情報が削除され、データは匿名化されます。匿名化により、弊社を含む外部者が個人情報を知ることはできません。

本サービスに関するすべてのデータは暗号化通信(SSL)により保護されています。

サービスの流れ

1. CTを撮影

2. DICOM ファイルを送信

専用ホームページにアカウントを作成し、CTをアップロードすることができます。

3. プランニングファイルをダウンロード

4. 3Dテンプレートを確認

THA術前計画

弊社デジタルテンプレートソフトウェア ZedHip による術前計画データを作成いたします。

TKA術前計画

弊社デジタルテンプレートソフトウェア ZedKnee による術前計画データを作成いたします。

メディア

よくある質問

CT画像の撮影条件について

管電圧 標準管電圧(120kVp目安)
データ形式 DICOM形式
スライス Axial方向スライスで同一シリーズ
スライス厚 2mm以下
FOV
  • THAの場合:骨盤全体が入る値で設定(400が目安)。
  • TKAの場合:患側骨全体が入る値で設定

撮影条件 軟部条件
ガントリー角

ビューアプログラムの推奨動作環境

OS Windows 10 1809 以上
* Windows XP, 7 はサポートしておりません
CPU Intel Core i5-4670, i7-4770 同等以上
(CPU クロック定格 3GHz、クアッドコア以上推奨)
RAM 16GB 以上
ストレージ プログラムインストール 10GB 以上、プロジェクトデータ保存 1TB 以上
USBポート 1ポート
グラフィック解像度 1920×1080以上
ビデオカード NVIDIA Quadro P3200 または NVIDIA Geforce GTX 1060 同等以上
(3GB 以上のビデオメモリ推奨)
  • USB ポートはZedView を起動させる為のセキュリティドングルに使用します。
  • ZedView は製品ライセンスキーを提供するために SafeNet/Gemalto 社の Sentinel HASP を使用します。Sentinel HASP ドライバは、ご使用のコンピュータ上の通信ポート1947 を使用しています。Sentinel HASP とファイアウォール以外のアプリケーションがこのポートをブロックしないようにしてください。

サービス料

1症例 19,000円(税込 20,900円)
*リビジョン症例 +2,000円(税込 +2,200円)

お問い合わせ

お問い合わせフォームもしくはお電話(03-5394-4833)にてお問い合わせください。