ZedShoulder


This page is under construction.

概要

ZedShoulderはCT画像を用いた人工肩関節置換術用の3次元術前計画ソフトウェアです。
ユーザーは、15分程度でステムとグレノイドのサイズ選定をはじめ、3次元的な設置位置検討などの術前計画を行うことが可能です。

独自のROM(range of motion)シミュレーション機能を用いることで、ステム・グレノイド・肩甲骨・上腕骨の衝突を視覚的にシミュレーションして確認することができます。

特徴

データベース機能

ZedShoulderはデータベース機能を備えております。

術前計画に用いる患者様のCTデータを読み込んで一元管理することが可能です。

DICOMデータに対応しており、患者名・患者ID・性別・年齢・生年月日などの情報もデータベース上に表示して簡単にデータ管理を行うことが可能です。

Axial・Sagittal・Coronalビューを表示させて画像を確認することが可能なため、簡易ビューアーとしてもご利用いただけます。

人工肩関節の設置

CTデータをベースにMPR画像(multi-planar reconstruction)を作成します。
ステムとグレノイドの3次元テンプレーティングを簡単に行う事が可能です。

パラメータの算出

  • 骨のみ:上腕骨後捻角、Glenoid Version/Inclination
  • ステム: 後捻角、内外反・屈曲伸展 (上腕骨近位骨軸に対して)
  • グレノイド: Version, Inclination

骨移植シミュレーション

骨移植シミュレーションを簡単に行うことができます。
骨移植モデルには斜切円柱を採用しており、形状変更も可能です。

ROMシミュレーション

術前計画で設置したステムとグレノイドを整復状態にして可動域のシミュレーションを行うことが可能です。

ROMシミュレーションではステム、グレノイド、上腕骨、肩甲骨の衝突を3次元的に確認することが可能です。接触した箇所には赤マークが表示されます。

メディア