企業概要


概要

3次元手術計画システムは、医師のパフォーマンスと患者様のQOLを上げる手法として、注目を集めています。
レキシーは、最先端のテクノロジーを用いて、医療業界のニーズに応えていきます。

会社案内

会社名 株式会社レキシー
設立 1988年7月18日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役 清徳則雄
所在地 〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-36-6 共同計画ビル9F
E-Mail salesinfo@lexi.co.jp
電話 03-5394-4833
Fax 03-5394-4834
取引銀行 三井住友銀行, 朝日信用金庫
事業内容
  1. 医療分野のソフトウェアおよびハードウェア開発
  2. エンジニアリングおよびビジネス分野のシステム開発
加盟団体 コンピュータ支援画像診断学会, 日本医用画像工学会, 日本画像医療システム工業会, 日本システムインテグレーション協会
主要取引先 大阪大学医学部, 産業技術総合研究所, ジンマー株式会社,千葉リハビリテーションセンター, 筑波大学附属病院, 東京大学医学部, 名古屋医療センター, 新潟医療センター, 新潟大学医学部, バイオメット・ジャパン株式会社, マイクロポート・オーソペディックス・ジャパン株式会社

沿革

1988年 7月 株式会社レキシーデータを渋谷にて設立。資本金300万円。コンピュータ・グラフィック用のハードウエア、科学技術分野におけるシミュレーションや可視化を中心としたソフトウェアを開発。埼玉県南埼玉郡白岡町に事務所を移転。
1996年 9月 会社名を株式会社レキシーに変更。資本金を1,000万円に増資。新宿区早稲田に事務所を移転。
2000年 6月 文京区巣鴨に事務所を移転。
2001年 9月 ZedViewの販売を開始。
2004年 3月 O-Gaugeの販売を開始。
2004年 4月 文京区小石川に事務所を移転。
2009年 1月 ZedHipの販売を開始。
2010年 2月 豊島区巣鴨に事務所を移転。
2011年11月 脊椎ペディクル・スクリュー刺入計画ソフトウェアVEGAの販売を開始。
2012年12月 臼蓋カップ設置用連携ジグHipCOMPASSの販売を開始。
2013年 1月 汎用人工膝関節置換手術用ジグ連携システムJIGEN-IIの販売を開始。JIGENの国内特許を取得。
2014年3月 ZedView に対する米国 FDA 510(k)クリアランスを取得。
2014年9月 医療機器品質規格ISO 13485認証、および ZedView に対する欧州CEマーク認証を取得。
2015年9月 ZedView に対する国内医療機器認証を取得。

アクセス

最寄駅JR山手線 巣鴨駅 (徒歩6分)都営三田線 巣鴨駅 (徒歩6分)