Medical Modeling Service


概要

Medical Modeling Serviceは、CTやMRIなどの2次元スライス画像から3次元形状データを生成して、その3次元形状データを基にラピッドプロトタイピング技術により高速・高精度かつ低価格で実物大臓器立体モデルを作成するサービスです。

弊社の造形サービスでは自社開発製品であるZedViewと独自のデータハンドリングを行うことで高精度・低価格化を実現致しました。

作成した実物大臓器立体モデルは術前計画、骨切りシミュレーション、医療器具の選定、形状確認、患者様へのインフォームドコンセント、研究用途、学生への教育用などの幅広い分野でご利用頂けます。

特徴

オーダーから納品までの流れ

弊社では、実物大臓器立体モデル作成に3Dプリンタを使用しております。
超高速の造形スピード、造形材料に自然素材である石膏を採用した安全性、群を抜く高精度、そして驚くほどの低価格化を実現します。

また、医療モデルでネックとなっていた空洞部分や複雑な形状についても、特殊なサポートを必要とせず、データ通りに再現することが可能です。

サンプル画像

■ 脊椎側彎症

■ 頭蓋骨

■ 下顎骨

■ 内頚動脈・脳底動脈

メディア

カタログ

(PDF形式) (SWF形式)

よくある質問

CT画像の撮影条件について

  • 撮影範囲: 対象が入るまで
  • データ形式: DICOM (推奨)
  • スライス方向: Axial
  • スライス間隔: 1.5mm以下 (推奨)
  • FOV: 対象が入る最小値 (推奨)
  • Gantry Tilt: 0°

価格について

弊社までお問い合わせください。