ZedEdit


概要

ZedEditはCT、MRI、マイクロCTや産業用CTで撮影した2次元スライス画像から、3次元可視化や計測を行うソフトウェアです。

3次元形状データをSTL/DXFデータとして出力し、外部アプリケーションによる有限要素法解析やラピッドプロトタイピングによる実物大臓器立体モデルの作成などにも応用できます。

特徴

データベース機能

ZedViewDBによって、読み込んだデータの一括管理が可能です。
データはDICOM/BMP/TIFF/Rawデータに対応しており、DICOMデータの場合はヘッダ情報に基づいて様々なパラメータ(患者名、ID、性別、etc.)を表示して管理でき、またデータベース上でもAxial/Sagittal/Coronal画像を表示して確認することもできます。

さらに登録したデータに対してパラメータを編集したり、DICOMまたBMP画像としてエクスポートすることも可能です。

Data Base

3次元可視化

輝度の閾値、あるいはマスクを作成して3次元化することが可能です。
マスクを使う場合、作成したマスクは簡単に編集可能で、セグメンテーション機能を使って連続性のあるマスク領域だけ抽出したり、Region Growing機能を使って特定領域だけを抽出して3次元化することができます。

マスク編集機能はAxial画像に加えてSagittal/Coronal方向からも編集できます。
また、マスク領域の面積/体積の計測も可能です。

また、従来のサーフェイスレンダリングによって3D可視化していたサーフェイスポリゴンモデルに加えて、ボリュームレンダリングによる3D可視化が可能になりました。

3次元計測

ZedEditでは3次元可視化に加えて3次元計測機能が用意されています。
作成した各マスクの領域に対して 面積計測・体積の計測を行う事が可能ですが、その他にも2次元スライス画像上(Axial/Sagittal/Coronal平面)での2点間の距離計測や角度計測が可能です。

また、生成した3次元画像データに対しても指定した表面距離や直線距離、角度の計測を行う事が可能です。

メディア

カタログ

(PDF形式) (SWF形式)

よくある質問

動作環境について

  • OS: Windows 7/8/10
  • CPU: Core i5以上
  • RAM: 4GB以上(推奨)
  • HDD: 100GB以上
  • 画面解像度: 1280×1024以上
  • ビデオカード: NVIDIA Quadro または NVIDIA GeForce 推奨

CT画像の撮影条件について

  • 撮影範囲: 対象が入るまで
  • データ形式: DICOM
  • スライス方向: Axial
  • スライス間隔: 1mm以下 (利用用途による)
  • FOV: 対象が入る最小値
  • Gantry Tilt: 0°

導入費用について

弊社までお問い合わせください。