ZedOsteotomy


概要

ZedOsteotomyはCT画像を用いた骨切り術用の3次元術前計画ソフトウェアです。術者は10分程度の短時間で簡単に術前計画を行うことが可能です。

骨盤または大腿骨側の骨切り後に整復が可能で、下肢長変化を視覚化することができます。
更に、ROM(Range Of Motion)シミュレーション機能で、骨盤・大腿骨同士のインピンジメントを3次元的にシミュレーションすることができます。

特徴

データベース機能

ZedOsteotomyはデータベース機能を備えております。術前計画に用いる患者様のCTデータを読み込んで一括管理することが可能です。

DICOM形式のデータに対応しており、患者名・患者ID・性別・年齢・生年月日などの情報をデータベース上に表示して簡単にデータ管理を行うことが可能です。

Axial・Sagittal・Coronalビューを表示させて画像を確認することが可能なため、簡易ビューアーとしてもご利用いただけます。

骨切りシミュレーション

骨切り面を指定して骨切りを実行すると3Dモデルが分割されます。分割されたモデルを回転・移動させてシミュレーションを行うことが可能です。

整復状態を適用することができますので、回転後の整復状態を確認することが可能です。

パラメータ表示

骨切り前後の外角・前方・後方のCE角や骨頭の移動量・内外反・回旋など、3次元的なパラメータを表示させることが可能です。また骨切り後の整復状態での左右脚長差なども確認できます。

ROMシミュレーション

骨切り後の骨盤と大腿骨を整復状態にして可動域のシミュレーションを行うことが可能です。
大腿骨と骨盤の衝突を3次元的に確認することができます。接触した箇所は赤マークで表示されます。

骨頭被覆率

骨切り後の臼蓋に被さっている大腿骨頭の被覆率を計測することができます。
骨切り前の計測も可能なため、骨切り前後での被覆率の違いを確認することができます。

よくある質問

動作環境について

  • OS:Windows 7/8/10
  • CPU:Core i5以上
  • RAM:4GB以上(推奨)
  • HDD:100GB以上
  • 画面解像度:1280×1024以上
  • ビデオカード:NVIDIA Quadro またはNVIDIA GeForce 推奨

CT画像の撮影条件について

  • 撮影範囲:対象が入る範囲
  • データ形式:DICOM
  • スライス方向:Axial方向
  • スライス間隔:1.5mm以下(推奨)
  • FOV:対象が入る最小値(推奨)
  • Gantry Tilt:0°

導入費用について

弊社までお問い合わせください。