ZedSpine


概要

ZedSpineはCT画像を用いた脊椎後方固定術用の3次元術前計画ソフトウェアです。術者は15分程度の短時間で簡単にペディクル・スクリューの刺入点、径などをはじめ、3次元的な設置位置検討などの術前計画を行うことが可能です。

また、3次元計測機能を使うことで3次元的な距離や角度を測ることができます。

特徴

データベース機能

ZedSpineはデータベース機能を備えております。術前計画に用いる患者様のCTデータを読み込んで一括管理することが可能です。

DICOM形式のデータに対応しており、患者名・患者ID・性別・年齢・生年月日などの情報をデータベース上に表示して簡単にデータ管理を行うことが可能です。

Axial,Sagittal,Coronalビューを表示させて画像を確認することが可能なため、簡易ビューアーとしてもご利用いただけます。

3次元モデル作製

読み込んだCTスライスデータより3次元モデルを作製します。簡単な作業にて骨の3次元モデルを作製できます。任意の範囲のみモデル化することも可能です。

椎体ごとの座標系構築

Coronal,Sagittal,Axialそれぞれの面を設定することで、椎体ごとの座標系を構築できます。椎体ごとに座標系を構築することにより、傾きを補正し常に椎体を正面に見た状態で評価することが可能です。

スクリュー刺入

ペディクルスクリューを3次元的に設置することができます。Coronal,Sagittal,Axialの各ビューと3Dビューにてスクリューの刺入方向、径や長さなどを3次元的に評価できます。

またDRR(Digitally Reconstructed Radiograph)機能によりMPR画像の表示をレントゲンのように透視画像に切り替えて設置位置を確認することが可能です。

2次元&3次元計測

2次元スライス画像上での2点間の距離や角度計測も可能ですが、3次元モデルに対しても指定した直線距離や角度の計測を行うことができます。

実物大模型とアタッチメントガイド

スクリュー設置のプランニングデータを基にRapid Prototyping技術を用いた実物大模型とアタッチメントガイドを作製することができます。これらを使用することによって、より正確に術前計画で得た刺入方向を再現することが可能となります。

詳しくはMedical Modeling Serviceのページをご参照ください。

よくある質問

推奨動作環境について

OS Windows 10 1809 以上
* Windows XP, 7 はサポートしておりません
CPU Intel Core i5-4670, i7-4770 同等以上
(CPU クロック定格 3GHz、クアッドコア以上推奨)
RAM 16GB 以上
ストレージ プログラムインストール 10GB 以上、プロジェクトデータ保存 1TB 以上
USBポート 1ポート
グラフィック解像度 1920×1080以上
ビデオカード NVIDIA Quadro P3200 または NVIDIA Geforce GTX 1060 同等以上
(3GB 以上のビデオメモリ推奨)
  • USB ポートはZedView を起動させる為のセキュリティドングルに使用します。
  • ZedView は製品ライセンスキーを提供するために SafeNet/Gemalto 社の Sentinel HASP を使用します。Sentinel HASP ドライバは、ご使用のコンピュータ上の通信ポート1947 を使用しています。Sentinel HASP とファイアウォール以外のアプリケーションがこのポートをブロックしないようにしてください。

CT画像の撮影条件について

撮影範囲 対象が入る範囲
データ形式 DICOM
スライス方向 Axial方向
スライス間隔 1.5mm以下(推奨)
FOV 対象が入る最小値(推奨)
Gantry Tilt

導入費用について

弊社までお問い合わせください。