Q. 自動3D作成に失敗します。解決手段はありますか?


失敗する原因として、下記の三つの可能性が考えられます。解決方法①から③を順にお試しください。

①デジタイズ点:大腿骨の骨頭中心デジタイズにおいて、骨頭球近似を大きめに調整し、今一度自動3D作成をお試しください。

②リビジョン症例:ハレーションが影響していると考えられるため、「金属ハレーション除去」を行うとうまくいく場合があります。ZedEditから「金属ハレーション除去」の処理を行ってから、ZedHipに戻って自動3D作成をお試しください。

③撮影条件:CTの撮影条件が骨条件になっている場合があります。この場合はZedEditにて「スムージング」処理を行ってから、ZedHipに戻って自動3D作成をお試しください。

上記①から③の手順でもうまくいかない場合は、ZedEditにて手作業でのモデル作成が必要となります。